Monthly Letter from Tomonoh Akemi

…………………………………………………………………………………………………………………………

2024年 7・8月の手紙

…………………………………………………………………………………………………………………………

雨の季節がやってきました。梅雨入りの前にも暑い日が続き、季節がいったりきたり!雨に焦がれて蕾をつけた紫陽花も突然の夏の強い日差しに戸惑って項垂れてましたが、今は嬉しそうに雨に濡れています。大抵の花は青空の下が一番輝いて見えるのに、紫陽花だけはやっぱり雨の日や今にも雨が振り出しそうな曇り空が似合います。

 

紫陽花は日本生まれの花だそうで、あのシーボルトによって西洋に運ばれたそうです。まだ東の果ての遠い神秘的な国だった日本で、この花を見つけた時の感動はいかばかりか?と!薄紫や真っ白や淡い水色の小さな花たちが咲き誇るでもなく、そそとして可憐に咲く紫陽花!それでいて、たわわに咲いた紫陽花には、何か不思議な強さを感じてしまいます。これでもかと咲き誇る大輪の薔薇や牡丹や芍薬ではなく、どこか海外の方から、猛烈な支持を得ている、日本のアニメーションのヒーロー達の姿に重なります。日本らしい美しさ!パッと艶やかに咲いて枯れる姿を見せず、あっと言う間に桜吹雪となり散っていく桜、なだらかなスロープを描き凛としてそびえる富士山、自然の美しさは、そこに生きる人の心の在り方や憧れを表している気がします。紫陽花の様に健気に強く、桜の様に艶やかに潔く、富士山の様に静かに動じず、そんな風に生きて生きていきたいと憧れています(笑)。この頃の雨はザッーとスコールのよう、出来れば、梅雨の間だけでも紫陽花を愛でながらそぞろ歩きができるよう、しとしとと降ってもらいたいですね。

 

皆様に支えられてお陰様で友納あけみコンサート第31章『忘れじの歌』を開くことができました。素晴らしいミュージシャンの仲間達、ずっと支えてくれているスタッフの面々、そして何よりもご来場いただきました皆様と共に、最高の時を過ごすことができました。最後に歌わせていただいたムスタキのシャンソン「時は過ぎてゆく」を歌いながら走馬灯のように様々な出来事、たくさんの方々の面影、想い出が溢れてきて、感激と感動とそして感謝で胸がいっぱいになりました。このコンサート活動は1990年に始めました。31回、30年以上の時が過ぎていきました。思えば、本当にたくさんの方々の掛け替えのない何よりも貴重な「人生の時間」を頂いて、同じ空間を共に生きさせて頂いたことになります。果てしない時の流れの中で、皆様に出逢えたこと、同じ時を生きて頂いたこと、こうして続けてこられたこと!それは本当に奇跡的なこと!すべてが有難く、感謝でいっぱいです。「セラヴィ!」(それが私の人生!)この言葉が今は快く私の心に響いています。これからも精一杯!与えられたこの人生を生きて!歌っていくつもりです。本当にありがとございました。そしてこれからもどうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

 

…………………………………………………………………………………………………………………………

2024年 5・6月の手紙

…………………………………………………………………………………………………………………………

「花の命は短くて…」その言葉どうり、今年はさんざん待たされて、やっと咲いた桜がたった一日の雨と風にあっという間に散っていきました。

 

「世の中に 絶えて桜のなかりせば 春の心は のどけからまし」

 

今年の花散らしの雨と風はハラハラ、ドキドキする暇もないほど容赦なく、これでは…と諦めがつきました(笑)葉桜になりながら、散っていく桜に別れを告げました。今年もありがとう!

 

「散る桜 残る桜も 散る桜」

 

雨と風は季節も運んできました。たっぷり水分を含んだ木々たちは一斉に芽吹きだして、若葉が眩しいほどです!あの緑たちはあんなに丸坊主だった木々のどこに隠れていたのでしょう!?いつもながら自然のエネルギーには本当に驚かせられますね!

 

20年ほど前に、ちょうど今頃の季節に深大寺の公園を訪れたことがありました。高い木立に囲まれて、そこは大きな大きな緑の森!若葉はお日様に輝き木漏れ日に揺れ生き生きと輝いていました。押し寄せてくるようなエナルギーを感じて、森の澄みきった空気を思いきり吸い込むと何か身体の中が生まれ変わったように清々しい気持ちになり思わず「あー気持ちよーい」と!思わずつぶやいていました。直ぐ傍にいた年のころなら70代後半の方が「良いですね~お若くて?自分くらいの年になると、この若葉のエネルギーに立ち向かうのは大変!覚悟がいるんです…」と!「フーン…そんなものかぁ~」と聞いていたのですが ふと、思い出すと、なんとなく少しわかる気がしてきています。やっぱり、歳を取ったせいでしょうか?(笑)

 

そう!この頃いろいろなことが本当に愛おしいのです。満開の桜のあでやかな姿は本当に魅了され捨てがたいのですが、葉桜になって、それでも残る花びらを少しずつ散らしていく桜の姿は本当に愛おしく思えました。まさに幽玄!儚く美しいと!過ぎてゆく時も、風に揺れる花々も、空を流れる雲も、音楽の音色も…消えてゆくすべてのものが愛おしくて愛おしくて…何故か涙が出るほど心が震えていきます。今まで歌っていたたくさんの歌達も、この頃、表情を変えて響いてきます。変わっていく自分自身の心模様に快い小さな感動を感じています。人生は不思議な贈り物をくれます。

 

5月16日(木)新橋・内幸町ホール*開場18:30*開演19:00

友納あけみコンサート第31章『忘れじの歌』

 

まで1ヶ月を切ってしまいました。今年はお馴染みの懐かしいシャンソン!日々、歌い続けてきたシャンソンを沢山届けします。先日、バンドリハーサルも、その調べのひとつひとつが本当にいとおしく思えました。シャンソンはいつも、私の心の移ろいに優しく寄り添ってくれます。シャンソンと出逢えたこと歌い続けていられる喜びに感謝して、皆様にとっても愛おしい時を御一緒に過せたら本当に幸せだなぁーと、思っています。お待ちしております!

*全席自由席チケット6,000円*完売御礼!

 

そして7月12日(金)には恒例の第62回パリ祭*東京ドームシティホールにも出演します。

こちらもお時間とれましたら…

*チケット指定席12,000円(友納まで)

*ご予約・お問い合わせ・お申し込みはこちらから・・・

 

 

 

 

…………………………………………………………………………………………………………………………

2024年 3・4月の手紙

…………………………………………………………………………………………………………………………

今日は暖かな一日(*^-^*)春の匂いがしてきました。梅の花も満開!

日本列島は寒気と暖気に交代で覆われて春と冬を行ったり来たり!そのたびに私達は右往左往(笑)でも確実に春は近づいて来てくれています。重いコートを脱ぐようにちょっと暖かいだけで、随分心も軽くなりますね。

 

桜の開花も今年は早めかな?そう!もうすぐ大好きな桜の季節です。5年前に30年住んだ豊洲から、この桜上水に引っ越して来たのも桜を求めて!名前通り、ここは桜の宝庫です!家の前の公園は早咲きの濃いピンクの桜がもうすぐ満開!日大グランド、校舎の回りはぐるっと染井吉野の桜並木!反対側は玉川上水公園!山桜・寒桜もちろん染井吉野も、赤・白・ピンクと色とりどりに桜が咲き誇ります。

「さまざまな こと思い出す 桜かな」〈芭蕉〉


何故か桜はいろいろな思い出を運んできてくれます。この世のものとは思えないほど美しい桜吹雪を愛でなから時を振り返り、懐かしい人達の面影をたどるひととき!しみじみと生きていることの、命を与えられていることの有難さを、この大地に、この風土に産まれたことを!心から拝みたいほど感謝してしまいます。東京育ちの私には「故郷」という言葉がどうもしっくりこないのですが、あえて言うなら、この桜の情景が私の心の「故郷」なのかもしれません。もし、この情景がぐちゃぐちゃにされたら!と想像すると胸が苦しくなります。震災に襲われた能登、そして遠くガザやウクライナ!映し出される映像を見るたびに心が傷みます。どんなに哀しくどんなに辛くやるせないだろう?と!早く誰にでも与えられているはずの穏やかな春の恵みをみんなが安心して享受出来るよう!ひたすら祈るばかりてす。音楽はいつも癒しと救いを運んでくれます。神様から与えられた、この素晴らしい恩恵を音楽に変えてお届けできたら、どんなに素晴らしいか!いつも思います。桜並木の下を歩く人々の柔らかで穏やかな優しい時間!そんな時を過ごして頂きたいと・・・

 

今年も5月16日(木)に新橋・内幸町ホールにて、友納あけみコンサート第31章『忘れじの歌』〈シャンソンンの名曲を貴方に・・・〉と題してコンサートを開かせて頂きます。ピアノの雄太さんは充電のため少しお休み!今回は上田正樹さんなどのサポートをなさっていたベテランピアニスト・堺敦生さんに加わって頂き、お馴染みのヴァイオリンの寺島貴恵さん・チェロの加藤文江さん・パーカッションの阿部梓穂さんら美女3人!華やかな編成でお贈りします。愛の讃歌・サントワマミー・枯葉・恋心・ラストダンスは私に等々・・・懐かしいシャンソンの名曲の数々を皆様と楽しく語らいながら、皆様それぞれの「忘れじの時」をたどって頂けたらと思っています。是非!お出掛け頂ければ幸せです。

*全席自由席チケット6,000円*完売御礼!

 

 

 

 

…………………………………………………………………………………………………………………………

2024年 1・2月の手紙

…………………………………………………………………………………………………………………………

2024年の幕が開きました。飛び込んできた突然の震災のニュース!一瞬に空気が凍り付き、お祝いの言葉を言えなくなるような元日でした。コロナさえ終わったら、穏やかな日々が帰ってきてくれると心のどこかで思いたかったのですが、たて続けに起こる戦争、歴史の迷路のような憎しみの連鎖、意味もなく失われていく命たち・・・昨年から、流れ続けていた悲惨な報道に期待できない気がしてきていて、それでも新しい年には、何か小さくても良い兆しが見えるのでは?!そんなことを祈るような思いで迎えた新年でした。

 

この寒さの中、家族や家を失い避難なさっていらっしゃる皆様のお気持ちを思うと、胸が締め付けられ心が苦しくなります。自然の大きな力の前にはどんな物語を紡いでいようと人の営みなど、本当に脆く崩されていくのだと改めて思い知らされます。

 

そして、次の日の飛行機事故!誰もが故意的に仕組んだわけではないのですから、きっとありえない偶然やミスが重なり起こったことなのでしょう!被災地に向かおうと善意で働いていた方たちが亡くなられてしまい、それが「運命」という言葉で片付けられるとしたら、ぞっとするほど恐ろしいことだと、他人事とは思えず、身が震えます。明日も、来月も、来年も、今、こんなにも想定外のことが起きた過去を思うと、何が起きるかわからないですね!もともと私たちの存在自体、無事でいられることが本当に奇跡のようなこと!できることは、そのことに感謝して、言い尽くされた言葉ですが、それでも、前を向い精一杯「今」を生きるしかないのかもしれません。

 

被災地は、今日は冷たい雨が降っています。まだまだ安否も分からない方達が、いらっしゃるようです。せめて、少しでも暖かな日が続いて、これ以上の災害に見舞われないことを祈るばかりです。

 

音楽はいつも、癒しと救いを運んでくれます。あの東日本の震災の後に東北を回った時、その力を痛感しました。そしてこの頃は、私自身の心が音楽との時を水を求めるように欠かせなくなっていることに気が付かされています。ある方からの年賀状に素敵な言葉を頂きました。「空想の翼で駆け、現実の山河を往かん」松本清張さんの言葉とか・・・音楽は私の翼!襲いくる現実の厳しさから私を解き放ってくれます。今年もこの翼を頼りに、素晴らしい夢を皆様と共に見たいと願っています。

 

今年も5月16日(木)に新橋・内幸町ホールでコンサートを!そして、秋には11月13日(水)に同じ新橋・内幸町ホールで予定しております。また、7月12日(金)には恒例のパリ祭にも出演します。ご予定に入れて頂ければ幸せです。それぞれのお店のライブも皆様とお会いできる貴重な時間と!一回、一回を大切に心をこめて歌わせて頂きます。今年もどうぞよろしくお願いします。